分子栄養学, 書籍

さて、小杉先生の幅の広さはここからです。
小杉先生は幹細胞が新たな治療法を開くという期待をお持 ...

分子栄養学, 書籍

産婦人科医が書いた200ページ強のコンパクトな単行本。
内容はとんでもなく多岐にわたり柔軟な考 ...

このブログの記事はOral Wellness Clinic&予防医療サロン プラジュナーのファストロ滋子先生により監修を受けています